507)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】

2015年2月 日以降の追加

 

〔第109回小出裕章ジャーナル

【原子力小委員会の中間報告について】〕

(2015年2月7日)

 

「一切の反省もしなければ、一切の責任も取らないま­ま、

今まで通りの方策をどうやったら続けられていかれるかということで、

この報告が書­かれています。」

経済産業省・

総合資源エネルギー調査会 電力・ガス事業分科会

 

Ⅰ 原子力小委員会

中間整理[平成26年12月]

「自主的安全性向上・技術・人材ワーキンググループ」

「放射性廃棄物ワーキンググループ」

「原子力の自主的安全性向上に関するワーキンググループ」

「地層処分技術ワーキンググループ」

 

Ⅱ 電気料金審査専門小委員会

「火力電源入札ワーキンググループ」

「廃炉に係る会計制度検証ワーキンググループ」

 

Ⅲ ガス料金制度小委員会

 

 

nucleargang.jpg

NCmura.jpg

 

 

〔原子力小委員会2014年12月24日のネット中継は
安全保障を口実になくなった
~九州大学・吉岡斉教授〕

(IWJ青森 2014年12月23日)

 

吉岡斉氏(よしおか ひとし、1953年8月13日 - )は、
日本の科学史家、九州大学教授、
東京電力福島原子力発電所における事故調査・検証委員会委員。
専門は、科学技術史・科学技術政策。

富山県生まれ。

東京教育大学附属駒場高等学校、東京大学理学部物理学科卒業、

同大学院理学研究科科学史修士課程修了、村上陽一郎、中山茂に学ぶ。

1983年同博士課程中退、

和歌山大学経済学部講師、同助教授を経て

九州大学教養学部助教授、同比較社会文化研究院教授。

この間、内閣府原子力委員会専門委員、

経済産業省エネルギー調査会臨時委員などを歴任。

1995年毎日出版文化賞、2000年エネルギーフォーラム賞特別賞受賞。

産業技術と倫理の関係について研究し科学社会学を構想している。


〔「原子力政策の現状」~九州大学・吉岡斉教授〕

(IWJ青森 2014年12月23日)

 

 

吉岡斉 原子力市民委員会座長(九州大学大学院教授)

(日本記者クラブ 2014年12月8日)

 

Hitoshi Yoshioka, Chairperson, Citizens’ commission on nuclear energy
政府事故調委員も務めた吉岡斉 原子力市民委員会座長が会見した。
司会 服部尚 日本記者クラブ企画委員(朝日新聞社)
日本記者クラブのページ


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
記者による会見リポート(日本記者クラブ会報2015年1月号に掲載)

エネルギー基本計画の矛盾突く

政策提言する市民シンクタンクである「原子力市民委員会」の座長に

昨年9月に就任した­。

全国48基の原発のうち、

再稼働するのはせいぜい3分の1から4分の1との見通しを­示した。

原発の代わりに使う火力発電の燃料費輸入が

経済的に打撃だという見方に対し、­

燃料費の輸入は減らないと反論した。

原発即時ゼロという前提ではなく、

あえて再稼働の見通しを示すのは、

時期は別にして原­発をなくすという考え方の人が共に考えていこうという

委員会の姿勢でもあるという。

一方で現行のエネルギー基本計画では、

きる限り原発依存度を減らすとしながらも、重­要なベースロード電源と位置づけた。

「ただし、エネルギーミックス(原発比率)目標と­個々の事業の具体的タイムテーブルは

示されず、先送りされた」と指摘する。

現行の計画­は現時点で動いている原子炉は1つもないという実態と

かけ離れたものになっている。

 

吉­岡氏はその矛盾点を突き続けた。

多くの国民が原発再稼働に抵抗感を抱く中、

政府は世論­を気にして積極策に出られないとの見方から、

エネルギー政策の議論も「牛歩(苦戦)を強いられ­ている」

と断じた。

企画委員 朝日新聞編集委員
服部 尚

 

 

 


***

 

~フクイチ原発関連・最新報道~

 

〔土地売買に基金提案 いわきで中間貯蔵の緊急シンポ〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

福島県内の除染で出た汚染廃棄物を保管する

中間貯蔵施設に関する緊急シンポジウム

「中間貯蔵施設の問題点と課題を考える」は7日、

いわき市で開かれ、

建設予定地の地権者たちが同施設の建設に関する課題を探った。

建設予定地となっている大熊、双葉両町の地権者有志でつくる

「30年中間貯蔵施設地権者会」の主催。

大阪市立大の除本(よけもと)理史(まさふみ)教授、

東京経済大の礒野弥生教授、

浜通り法律事務所(いわき市)の渡辺淑彦弁護士が講演した。

礒野教授は、土地の売買について基金制度の導入を提案。

町が中心となって別法人で基金をつくり、

売却を希望している町民から土地を買い、

基金が国へ土地を貸すというアイデアを示した。

この制度で、国対個人の切り崩し交渉を防ぎ、

基金が土地を所有することで将来の復興の展望がつくれるとした。

 

 

~「負の連鎖」悪循環の新たな素因発覚~

 

〔「飼料用米」生産拡大へモデル地区 流通システム構築へ〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

福島県は新年度、飼料用米の作付け拡大に向けた

モデル地区を指定してコメ農家と地元の畜産農家を結び付け、

飼料用米を地域で流通させる実証事業に取り組む。

主食用米の消費が減って価格が下がる中、

県は市町村やJA、農業生産組織などによる取り組みを支援し、

生産から利用まで地域内で飼料用米が流通する仕組みを確立、

コメ農家に飼料用米への生産転換を促す考え。

モデル地区では、

コメ農家が生産した飼料用米を乾燥や加工、調製した上

で肉用牛や乳牛、鶏を飼育する畜産農家に供給するまでの

手順を実証する。

福島県内3地区を指定する方向で調整する。

また、飼料用米の流通が主食用米とは大きく異なるため、

飼料用米の流通実態を調査、分析。

コスト削減の手法を探り、県内各地への波及を目指す。

 

PS

 

「飼料用米」ということで、当然、食品基準値も曖昧にされ、

1F事故当年に発覚した汚染稲わら問題と何ら本質は変わらず。

特に、「飼料用米」が全国に流通することで、

当該「飼料用米」を食した家畜を介し、

人間にも負の連鎖が到達。

ある意味、「人為的食物連鎖」とも位置づけられるわけで、

当該愚かな施策のために、どれだけの内部被曝の被害が

全国に拡大することか・・・。

 

「従前の一般食材検査」の件ともと重複しますが
仮に一定の「γ線核種」検査を経たとはいえ、
特に福島県頭部には現在でも、断続的に
凄まじい量の(「γ線核種」以外の)「α線&β線核種」
が降下し、従前の深刻な土壌汚染と相まって
確実に、農産物に一定の移行が生じていることは
想像するまでもないこと。

チェルノブイリの経験則をベースとした
科学的な連鎖の仕組みが曖昧なまま、
迂遠な死角となりがちな卑劣な手段を推し進めて、
全国民の内部被曝のリスクを高めてまで
「福島県の経済的復興」を強行しようとする
愚政&愚政治家に敵意を抱きませんかね?

結局、戦時の一億総玉砕的発想と何ら変わらず、
福島県政を守るためだけに、
全国民に経済的のみならず肉体的犠牲を
強いる趣旨と捉えられても過言ではないのでは?

このような愚政を続けていると
既に致命的状況の東日本広域はもとより、
西日本方面も含み、日本民族が滅亡するのは
時間の問題なのでは?

今後、最低300年間は復興は不可能で
事実上死んだ土地に固執する理由とは?

 

〔「波倉地区」設置を要請 仮設焼却施設で楢葉町長〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

津波による町内のがれきなど災害廃棄物や除染で出た

汚染廃棄物を処理する仮設焼却施設について、

楢葉町の松本幸英町長は

7日、同町波倉地区へ設置協力を求めた。

これまで、

事業主体の環境省は同地区への設置方針を示していたが、

町が同地区への設置を要請するのは初めて。

同省は今月中にも、地権者約20人に対し個別の説明に入る方針で、

進捗(しんちょく)状況は町や議会に報告するほか、

同地区住民への説明会も開く。

同日、

いわき市で開かれた同地区住民向けの説明会で松本町長は、

施設設置には

住民の不安を生じさせない安全対策を講じることが前提とし

「災害廃棄物などを減らすことは復興に向けた町の大きな課題。

皆さんには心労をお掛けするが、協力を願いたい」と求めた。


 

***

 

~その他・関連報道~

 

***

 

~再生可能エネルギー/少子高齢化/貧困問題 等~

 

〔「在宅医療推進協」発足 県など“地域包括ケア”充実へ 福島〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

団塊の世代が75歳以上となる「2025年問題」に備え、

高齢者が住み慣れた地域で在宅医療や介護サービスなどの提供を受ける

ことができる「地域包括ケアシステム」の構築が課題となっている。

介護保険法では市町村が主体で包括支援事業に取り組むことになっており、

地域の実情に即した医療と介護の連携が求められる。

市町村を支援するため、

福島県と医療、福祉関係団体は7日までに、

福島県在宅医療推進協議会を発足させた。

福島県協議会は、福島県内の在宅医療をめぐる現状と問題点を共有、

広域的な課題を洗い出し、対策を検討することで市町村の取り組みを後押しする。

在宅医療を担う人材の確保や資質の向上を図り、

医療機関への支援策を探るほか、医科と歯科の連携や医療、介護など

多職種による協働を進める。

今後は2次医療圏ごとにも地域協議会を設立する。

〔認知症の介護疲れから妻を殺害か 71歳夫を逮捕へ 札幌市〕

(フジテレビ系(FNN) 2月8日配信)

7日夜、北海道・札幌市の住宅で、71歳の女性が死亡しているのが見つかった。

女性は認知症で、

女性の夫が、「首を絞めた」などと話していることから、

警察は、容疑が固まり次第、夫を逮捕する方針。
7日夜、札幌市の住宅で、無職の長岡律子さん(71)が

寝室で倒れているのを、帰宅した長男が発見した。
長岡さんは、まもなく死亡が確認された。
警察によると、長岡さんの71歳の夫が、

「妻は認知症で、介護に疲れてやった。首を絞めた」などと話しているという。

警察は、容疑が固まり次第、夫を殺人の疑いで逮捕する方針。

 

 

***

 

2月  日以降~

509)【芸能人の病気、けが(2011~2014)まとめ~氷山の一角】*保留

 

2月( 日~)

 

 

~その他~

〔罹病〕

〔2014〕

〔小児がん治療の不妊問題でシンポジウム〕

(NHK 2015年2月9日)

小児がんの子どもが抗がん剤などの治療で、

将来、不妊症になり子どもを持てなくなってしまうケースがある問題

について知ってもらおうと、8日、

大阪市でシンポジウムが開かれました。

抗がん剤や放射線による治療を受けると

精巣や卵巣が傷つき不妊症になるおそれがあります

小児がんの場合、子どもがまだ小さいこともあって、

その危険性が家族にも十分説明されていないことが指摘されています。

大阪市内で開かれたシンポジウムでは、

まず、がんと妊娠の問題に詳しい

聖マリアンナ医科大学の鈴木直教授が、

小児がんだった子どもを成人後に検査すると、

卵巣などの機能が低下し始め、

早めに妊娠しないと子どもを持てなくなるケースが見られるが、

医療現場では、そうした実態さえ、

まだ十分認識されていない

と指摘しました。

また、

がんの種類によっては治療前に卵巣を凍結保存しておき、

妊娠する能力を保てる可能性があることなどが紹介されたほか、

不妊になっていることを、いつ、どのように伝えるのか

小児医療の現場で十分な心理的なサポートができていない

などの課題も報告されました。

聖マリアンナ医科大学の鈴木教授は

「希望を持って、がんと闘うためには、

がんの治療をしっかりやると同時に、

将来、子どもが持てるよう配慮も必要だ。

専門家の間でもようやく議論が始まったところで、

課題を共有できたことは大きい」と話していました。

 

      〔新たなるウィルスの脅威~「マールブルグウィルス」〕20141015162849posdofp.jpg

 

      [エボラウイルス]

ebola-cdc.jpg

 

      [デングウイルス]

140927746743365724227_1437910835_e1a23e3b46.jpg

 

 

             〔ヨーロッパにおける科学及び環境政策の委員会〕
       ~報告書:「2013年以後の汚染の広がりにおける福島の新たな考察」

20466.jpg20140319223627ba6.jpg

〔茨城・石岡市の警備会社で火災、1人の遺体見つかる〕

(TBS系(JNN) 2月8日配信)

7日午後、茨城県石岡市にある警備会社で火事があり、

焼け跡から警備員の男性とみられる1人の遺体が見つかりました。

7日午後1時ごろ、石岡市石岡にある警備会社の2階部分で、

「隣から煙が出ている」と近くの飲食店に来ていた客の男性から

119番通報がありました。

消防が駆けつけ、火はおよそ30分後に消し止められましたが、

木造2階建ての警備会社の2階部分およそ24平方メートルが焼け、

焼け跡から1人の遺体が見つかりました。

警察によりますと、

この警備会社では当時、警備員の男性2人が勤務にあたっていて、

出火した時は1人が外出中だったということです。

火事の後、会社に残っていた男性と連絡がつかなくなっているということで、

警察は、亡くなったのはこの男性とみて身元の確認を進めるとともに、

出火の原因を調べています。

 

〔宅配頼んだピザ店員から強盗の疑い 部屋の前で待ち伏せ 京都府・舞鶴市〕

(朝日新聞デジタル 2月8日配信)

自宅にピザの配達に来た店員から金を奪ったとして、

京都府警は7日、同府舞鶴市小倉、土木作業員北山太容疑者(21)を

強盗容疑で現行犯逮捕した。容疑を認めているという。府警が発表した。

舞鶴署によると、北山容疑者は同日午後7時20分ごろ、

アパートの自室前で、ピザの配達に訪れた男性店員(22)に包丁を突きつけて

「金を出せ」などと脅し、現金1万8千円を奪った疑いがある。

同署の説明では、金を奪われた店員が包丁を取り上げると、

北山容疑者はアパート前から逃走。

しばらくして自分の部屋に戻ってきたのを店員が目撃して110番通報し、

駆けつけた同署員が逮捕したという。

署は、北山容疑者がピザを注文し、

店員を部屋の外で待ち伏せていたのではないかとみている。

 

〔栃木・真岡市で死亡ひき逃げ、容疑の建設作業員逮捕〕

(TBS系(JNN) 2月9日配信)

栃木県真岡市の交差点でオートバイで信号待ちをしていた男性をひき逃げしたとして、

警察は建設作業員の24歳の男を逮捕しました。

8日午前2時すぎ、真岡市田町の交差点で、

オートバイで信号待ちをしていた賀川庄一さん(60)が乗用車に追突され、

まもなく死亡しました。乗用車は逃走しましたが、

警察は、現場に落ちていたナンバープレートなどから、

市内の建設作業員・森山巧容疑者(24)を割り出し、

過失運転致死などの疑いで逮捕しました。

取り調べに対して、森山容疑者は「気が動転して逃げた」などと

容疑を認めているということです。

警察は、森山容疑者が当初、飲酒運転だったことをほのめかしていたことから、

当時の状況を慎重に調べています。

 

〔栃木・真岡市の死亡ひき逃げ 乗用車運転の男逮捕へ〕

(TBS系(JNN) 2月8日配信)

栃木県真岡市の交差点で男性がオートバイで信号待ちをしていたところ、

乗用車にひき逃げされ、死亡しました。

警察は、乗用車を運転していた20代の男を間もなく逮捕する方針です。

8日午前2時過ぎ、真岡市田町の交差点で、

オートバイで信号待ちをしていた鮮魚店経営の賀川庄一さん(60)が

乗用車に追突されました。

賀川さんは首などを強く打って死亡し、乗用車はそのまま逃走しました。

警察は、ナンバープレートなどから市内の20代の男を割り出し、

事情を聴いたところ、男は「飲酒運転がばれるのを恐れて逃げた」などと

供述しているということす。

警察は、ひき逃げの疑いで既に逮捕状を請求していて、男を間もなく逮捕する方針です。

 

〔東京・渋谷区マンション立てこもり 知人男性「最近トラブル抱えていた」〕

(フジテレビ系(FNN) 2月8日配信)

東京・渋谷のマンションで7日、男がモデルガンを持って立てこもり、

逮捕された事件で、

知人男性が、「男は最近トラブルを抱えていた」と話していることがわかった。

この事件は、探偵事務所元代表・伊藤博重容疑者(47)が、

渋谷区のマンションの一室に8時間近く立てこもり、

モデルガンを構えたり、物を投げるなどしたもので、

7日夜、警視庁の特殊部隊が、ベランダから突入して逮捕した。

警視庁によると、知人男性が、

「伊藤容疑者は、最近トラブルを抱えていて、様子がおかしかった」と話しているという。

伊藤容疑者は7日夜、調べに対し、「覚えていない」と話し、

興奮状態が続いていたが、8日になっても意味不明な言動をしているという。

 

〔知人男性を工具で殴り、財布奪った疑いで男2人再逮捕 福島・南相馬市〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

南相馬署は7日午後、強盗致傷の疑いで、

いずれも栃木県小山市、建設業秋山和麿(24)、建設業永藤将旗(22)の両容疑者

=逮捕監禁の疑いで逮捕=を再逮捕した。

再逮捕容疑は1月14日午後11時30分ごろ、

南相馬市原町区の駐車場に止めていた乗用車の中で、

同区の知人の作業員男性(22)の頭や顔を金属製の工具で殴り約2週間のけがをさせ、

現金約2万1000円が入った財布を奪った疑い。

両容疑者は少年ら2人と共謀し、

この作業員男性を無理やり乗用車で連れ回したとして、

1月15日に同署に逮捕されていた。

〔パトカー衝突の29歳男、酒酔い運転の疑いで逮捕 福島・いわき市〕

(2015年2月8日 福島民友ニュース)

いわき東署は7日午前2時45分ごろ、酒酔い運転の疑いで、

いわき市、自称原発作業員大竹翼容疑者(29)を現行犯逮捕した。

逮捕容疑は、同市小名浜字山神北の市道で乗用車を酒酔い運転した疑い。

同署によると、大竹容疑者は付近に駐車中だった同署のパトカーに衝突、

署員のアルコール検査で飲酒が発覚した。

〔東京・港区・東京ミッドタウンで窓清掃ゴンドラが宙づり〕

(日本テレビ系(NNN) 2月8日配信)

8日午後3時40分ごろ、東京・港区の東京ミッドタウンにある

25階建てビルの屋上付近で、

窓を清掃中の男性作業員4人が乗ったゴンドラが突然停止した。

約1時間にわたり宙づり状態となったが、

消防隊が高さ120メートルのビルの屋上からゴンドラに縄はしごを下ろして救助し、

4人にケガはないという。

警視庁によると、ゴンドラは屋上に設置したクレーンからつり下げる構造になっていて、

警視庁は停止した原因を調べている。

 

〔結婚式ビデオ撮影で海に飛び込み…2人不明 兵庫・明石市の海岸〕

(日本テレビ系(NNN) 2月9日配信)

兵庫県明石市の海岸で結婚式で上映するビデオを撮影していた男性2人が、

海に飛び込んだまま行方が分からなくなった。

事故があったのは明石市二見町の堤防で、

8日午後3時すぎ、「友人2人が海に落ちて流された」と消防に通報があった。

行方不明になっているのは兵庫県稲美町に住む24歳の男性2人で、

中学時代の同級生7人とともに、友人の結婚式で上映するビデオの撮影をしていた。

2人はともに下着姿で自転車などに乗って海に飛び込む様子を撮影していたが、

飛び込んだ後、沖に流されたという。

警察や消防、海上保安部が2人を捜したが発見に至らず捜索は一旦打ち切られ、

9日朝から再開する予定。

明石市には8日早朝から強風波浪注意報が出ていた。

 

〔体験試乗のスノーモービル突っ込む、2人軽傷 秋田・北秋田市〕

(TBS系(JNN) 2月8日配信)

8日午前、秋田県北秋田市で行われていたイベントで

スノーモービルが人の列に突っ込み、女性2人が軽いけがをしました。

8日午前11時すぎ、秋田県北秋田市にある県立北欧の杜公園で行われていた

雪まつりで、女性が体験試乗していたスノーモービルが、

別のアトラクションの順番待ちをしていた人の列に突っ込みました。

この事故で、小学生と保育園児の子ども2人と30代と40代の女性2人の

合わせて4人が病院に運ばれ、女性2人が打撲やねんざなどの軽いけがをしました。

子ども2人にけがはありませんでした。

イベントの主催者によりますと、

突っ込んだスノーモービルは、女性体験者が1人で操縦し、

先導するインストラクターの後ろを追走していたということです。

警察は、女性が操縦を誤ったものとみて調べています。

 

〔福岡・筑紫野市・無人の交番で「悪ふざけ」建造物侵入で男3人逮捕〕

(テレビ朝日系(ANN) 2月8日配信)

福岡県筑紫野市の無人の交番に侵入したとして男3人が逮捕されました。

男らは机の上に寝そべるなど、悪ふざけをしていたということです。

自称・会社員の高石誠也容疑者(27)ら男3人は、

7日午前1時40分ごろ、筑紫野市の西鉄前交番に

正当な理由なく入った建造物侵入の疑いが持たれています。

警察によりますと、「交番の中で男たちが悪ふざけしている」という通報で、

警察官が駆け付けましたが、男たちはおらず、付近を捜索して高石容疑者を緊急逮捕。

さらに、7日夜までに2人を逮捕しました。

当時、交番の警察官は不在でした。

3人は酒を飲んでいて、机の上に寝そべったり、

それを携帯電話で撮影して騒いでいたということです。

3人とも容疑を認めているということです。

 

〔老人ホームで隣人の首絞めた疑い 75歳男を逮捕 福岡市〕

(テレビ朝日系(ANN) 2月9日配信)

福岡市の老人ホームで70歳の男性の首を絞めて殺害しようとしたとして、

警察は隣りの部屋に入所する75歳の男を逮捕しました。

首を絞められた男性は死亡しています。

警察によりますと、逮捕された福岡市の無職・松葉口秀男容疑者は

8日午前9時すぎ、福岡市南区の住宅型老人ホームで、

隣の部屋に住む芦見信竹さんの首を絞めて殺害しようとした疑いが持たれています。

芦見さんは病院に搬送されましたが、約13時間後に死亡しました。

松葉口容疑者は容疑を認めています。

松葉口容疑者と芦見さんは部屋が隣同士で、

普段から生活音などについてもめていたということです。

警察は、容疑を殺人に切り替えて調べを進める方針です。

 



〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕

〔2011〕以前(参考)

 

~その他~

〔国外脱出or西日本移住〕等

 

 

 

~動植物等関連~

〔病死&罹病〕

〔2014〕

〔2013〕

〔2012〕

〔2011〕


 

20120218040820.jpg

20120710173652.jpg