主要/社会
<博多陥没>もろい岩盤層に亀裂多数
2017年03月23日 木曜日

博多駅前の道路大規模陥没事故現場=2016年11月
http://sp.kahoku.co.jp/naigainews/201703/2017032201001999.html
 昨年11月に起きた福岡市のJR博多駅前の道路大規模陥没事故で、国土交通省の第三者委員会が地質を調査した結果、地下鉄工事のトンネル上部の岩盤層に多くの亀裂が入っていたことが22日、分かった。
岩盤層はもろく、以前から亀裂が入っていたとみられ、第三者委は地下水や土の圧力がかかるなどして陥没を招いたと判断した。今月末にも判断を踏まえた詳しい事故原因を公表する。
 第三者委は今年1月までに会合を2回開催。関係者によると、事故後に実施したボーリング調査の結果などから、一般的に水を通しにくいとされる粘土質の岩盤層に多くの亀裂が入っていたことが分かった。

コメント一覧
サンプリング数が少なく、実態を正確に把握できなかった、要は手抜き調査の結果
 
500万年後だっけ?九州は真っ二つに千切れるんだろ?
ちぎれた後に阿蘇山ver2.0が隆起し面積が増えます
ボーリングとか遊んでないで仕事しろ
サンプリング周期は最低トンネル幅の1/2が必要だった
※3
それまで人類存続できてたらいいね
日本の都市は豆腐の上に乗った石の塊
>>1
中洲って文字通り砂州の上に作った街だろ

地下ほりほりはあぶないだろ
九州って
アフリカに地形が
似ているよね

そのアフリカも
大地溝帯があって
落差100mの絶壁

プレートとプレートの境目
いずれ
東西に分断されるらしい